2014年12月14日

12/13、12/14ブログ更新お休みのお知らせ&カワウソ講演会に行ってきました。

12/13(土)と12/14(日)の更新をお休みいたします。

今日12/13は多摩動物園での「カワウソ講演会」を拝聴してきました。
今年2月に開催予定で大雪の為延期となっていたのでとっても楽しみにしておりました(^^)

カワウソの置かれている状況についてはまったく予備知識はなく、今回の講演会でいろいろと知る事が出来ました。
特に、コツメカワウソの置かれている現状はフンボルトペンギンのそれと類似していることが大変興味深かったです。
野生では絶滅を危惧されてるステータスである一方、日本国内で飼育数は多く繁殖は頭打ち傾向にあるなど共通の課題が多い事を知りました。
飼育展示についての講演もあり、動物園と水族館のどちらでも飼育されているカワウソは展示施設の面でもペンギンとの共通点が多いのだなと改めて気づきました。
展示施設についてもかなり細かく分類・分析された内容もあり、同じようにペンギンの施設についても研究してみたいなと思いました。
特に「五感コミュニケーション」という言葉が大変印象深く、どこまで「五感」を使ってその生き物を感じられる事が出来るか、これはペンギンにとっても非常に重要なテーマだと思います。
五感と言ってもすべては難しいでしょう「見る」「聞く」「嗅ぐ」、園によっては「触る」もありますね。
「味わう」は少し難しいかもしれませんが、その生き物の食べ物に興味を持つことが出来ればいいのかも?

カワウソもペンギンも観客からの声で「飼えそう」「飼いたい」の声がよく聞こえてきます。
これについても、安易にそのような声を上げさせない「雰囲気作り」が大切とのお話がありました。
たしかに、テレビなどでタレントの方がペットにされている様子をみると「自分も飼いたい」と思ってしまうでしょう。そのような需要があるから供給のラインもあり、密輸や裏ルートでの取引が現実には起こっています。
動物園や水族館で「かわいい」だけで終わらせない展示の重要性を感じました。

明日は井の頭文化園で二日目の講演があります。
たくさんのカワウソ好きさんの中でペンギン頭で参加するのは恐縮なのですが、また勉強させていただこうと思っています(^^)

写真は多摩動物公園のホールに飾られていた「たまごのツリー」です。
いろんな鳥の卵で飾られていました!(ペンギンはないようでしたが…)

20141213 多摩 たまごツリー
20141213 多摩 たまごツリー posted by (C)しろっぷ
posted by syrupsyrup at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック