2013年10月01日

新・体感エリアへ!(海遊館にて)

9/5(木)の海遊館です。

南極水槽を後にして、海遊館の最後のゾーンにある「新・体感エリア」をめざします。
「新・体感エリア」は今年の3月にオープンした新しい展示。
「北極圏ゾーン」「フォークランド諸島ゾーン」「モルディブ諸島ゾーン」の3つの体感エリアがあり、見たり聞いたり触ったりと、まさに「体感」する事の出来る展示になっています。

展示している場所は2Fで以前からタッチプールのあった場所。
最後のクラゲゾーンを抜けたとこよね〜と、ずんずん進んで行ったのですが…。
あれ?クラゲゾーンから外に出る事なくふたたびエスカレーターを登りました。
登ってびっくり!なんとも幻想的なこの景色!

20130905 海遊館 流氷のいざない
20130905 海遊館 流氷のいざない posted by (C)しろっぷ


北極圏の流氷の下をイメージしたゲートになっています。
いや〜、素敵!カップルさんはうっとりでしょうね〜。カップルさんは…

気を取り直して、北極圏エリアには天井にドーム型の水槽があり、中からワモンアザラシがにっこりとお出迎えしてくれました♪

20130905 海遊館 ワモンアザラシ
20130905 海遊館 ワモンアザラシ posted by (C)しろっぷ


北極圏エリアを抜けると目指しているフォークランド諸島エリアです。
ここにはイワトビペンギンが展示されています!

細長い水路が見えてきました。

20130905 海遊館 イワトビプール01
20130905 海遊館 イワトビプール01 posted by (C)しろっぷ


水路の先には野生地さながらの大きな岩山を有する展示場が♪

20130905 海遊館 イワトビプール02
20130905 海遊館 イワトビプール02 posted by (C)しろっぷ


全体はこんなカンジ。
先ほどの水路は右手側にあり、L字型のプールになっています。
アクリルが低めなのがわかりますでしょうか?
この仕切りの低さがまさに「新・体感」なんですね。
イワトビペンギン達の臭いや鳴き声がダイレクトに伝わってきます(^^)

20130905 海遊館 イワトビプール03
20130905 海遊館 イワトビプール03 posted by (C)しろっぷ


プールはけっこう波打っています。
どうやらL字型の水路の奥に造波装置があるようです。
水位がさほどではないので水中が見れる縦の長さは20cmぐらいですが、じっくりと泳ぐ様子を見る事もできました♪

20130905 海遊館 イワトビプール05
20130905 海遊館 イワトビプール05 posted by (C)しろっぷ


陸場の手前は海岸風、その奥の平地にはごつごつした突起がありました。
ペンギンの足には大変よさそうですね(^^)

20130905 海遊館 イワトビプール04
20130905 海遊館 イワトビプール04 posted by (C)しろっぷ


イワトビペンギンは8羽ほどいました。
半分は岩山でくつろぎ、半分はずっと泳ぎ回っていると言うカンジで、実にバランスいい子達でした〜(^^)
ちなみに、ミナミイワトビペンギンです♪

20130905 海遊館 イワトビ01
20130905 海遊館 イワトビ01 posted by (C)しろっぷ


とにかく仕切りの低いこの展示、案内のお姉さんがずっと「ペンギンには触らないでね」「手やカメラはガラスより向こうに入れないでね」とずっとアナウンスを繰り返していました。
こういったご苦労のおかげで間近でペンギンを感じる事ができるのですね(^^)

イワトビペンギン達の様子はまた明日お伝えしま〜す♪


posted by syrupsyrup at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 【ペンギン】大阪海遊館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。